性格的に金銭感覚やお金の管理にルーズだとかなり苦労するもの。今後の生活の為、今のうちからしっかりした家計管理の癖を付けなければならないと痛感し、今は頑張っているのですが、数年前までは何度かカードキャッシングのお世話になり、少なくとも趣味の面では大変充実した日々を送る事が出来ました。
数日後に店舗で予約していた高価な趣味アイテムの現金支払いが迫っていたにも関わらず、急に飲み会やレジャーの計画が持ち上がってしまった時には大変でした。
仲間内でも計画立案の中心的立場を任される立場が多かった私ですから、お金が不安だからとそう簡単に断れず、支払いがカツカツだったり現実に不足してしまったり、といったケースがあったのです。
それに前述の様な代金支払いが迫っているとなれば、どうしてもキャッシングに頼らざるを得ない状況となってしまったのです。
その頃はお金にルーズな性格でしたから果たして審査に通るのか、心配な部分が多かったのですが、幸いにもそれ以外で大きな借金ヲした事が無く、審査もスムーズに通り、予定通りの支払いを行う事が出来たのです。
正直キャッシングに頼るのは気持ち良いものではありませんが、現在でも便利な最終手段として、頭の片隅には常に置いておく様にはしています。

お金を借りる

窓口でカードローンの相談をしてみた

  • 投稿日:
  • by

わからない点が多すぎて困っていたので、近くにある銀行でカードローンの相談をすることにしました。提供されている情報が本当に正しいのかを調べると同時に、本当に使って大丈夫なのかをチェックするためです。利用したいと思っている銀行だったので、窓口で相談するのはどうかと思いましたが、丁寧に対応してくれる銀行員がいて助かりました。
特に気になったところは、利用金額の異なるカードローンが多くあったことです。この銀行は提供しているカードローンが多かったので、1つ1つ調べないとわからない点が多くありました。相談によって聞き出すことができたことで、簡単に把握できました。しかも申込みも窓口でほぼ行えました。
その後、カードローンの審査を無事に通過して、普通に使えるようになりました。銀行のカードローンはいいものばかりですし、利息が小さく抑えられるので安定しているように感じます。失敗をしないで相談しに行ったことは良かったと思います。

信用情報とカードローンの申し込み

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードを持っている人は、普段何気なくカードを使って買い物をしていると思います。中にはうっかり引き落とし口座にお金を入れておくのを忘れてしまい、残高不足で引き落としができなかった経験を持っている人もいるかもしれません。ですが、この「うっかり」が後々のカードローンの審査に影響を与えてしまう可能性もあります。
カードローンの審査では、過去の金融商品の利用履歴が参照されます。この情報は信用情報機関というところに保管されていて、カードローンの審査の際に各カードローン会社が取りだすことができるのです。もしもここでクレジットカードの引き落とし事故情報が見つかると、カードローンの審査に通過することが難しくなってしまうかもしれません。
信用情報が保管されている期間は決まっています。事故情報の内容によって保管期間には違いがありますが、クレジットカードの引き落とし事故なら2年で情報が消えるはずです。もしも過去にうっかり引き落とし事故を起こしてしまっているなら、2年以上経過してからカードローンに申し込んだ方が安心ということになります。

プロミス審査⇒通過する条件とは?

本人確認は保険証で行いましょう

  • 投稿日:
  • by

キャッシングを利用するとき必ず必要になるのが本人確認の身分証です。ホームページなどには運転免許証、保険証、パスポートなどが挙げられていますが、このうち審査で少し有利になるのが保険証による本人確認です。
保険証の種類は本人の職業によって様々です。共済証であれば公務員であることが分かりますし、組合保険であれば大企業などに勤務していることが推測できます。少なくとも健康保険証であればどこかで勤務して給与を受けていることが分かります。このように保険証による本人確認は、申し込み時に本人が申請した職業や収入を裏付ける証拠になるため、申し込み内容の信頼性が増すのです。これらの職業の種別は属性の項目のひとつにもなっており、キャッシング会社にとって非常に重要なポイントなのです。
もちろん運転免許証やパスポートによる本人確認でも審査で不利に扱われることはありませんが、特に公務員や大企業に勤めている方であれば、保険証による本人確認を行うとより有利に審査を進めることができるでしょう。

急な引越しに役立つ情報

私が銀行系カードローンを利用した時の話

  • 投稿日:
  • by

私は以前から銀行系カードローンにとても興味がありました。
今から10数年前の当時私が大学生だった時代から私は消費者金融複数社からお金をキャッシングして借りて生活の足しにしたり、彼女との交際費をキャッシングしてお金を借りて捻出したり、時には事故の示談金や慰謝料そして治療費などを消費者金融でキャッシングした事もありました。

そんな大学生活を送って大学を卒業し、私は新卒の社会人として今現在も勤めている食品加工の会社に入社しました。
そして私は社会人となっても自分の給料だけでは様々な生活の場面で賄いきれない事が頻出し、再度新しい消費者金融にキャッシングを申し込んでお金を借りようとしたのですが、当時まだ出来たばかりだった銀行系カードローンのモビットに目が行き、モビットでお金をカードローンで借りる事にしたのです。

モビットは店舗を持たず、全てのカードローンの新規受付などをインターネット上で行うシステムで非常にスムーズに私はモビットからお金を借りる事が出来たのでした。

お金を借りたいときって?